ボニックの効果的な使い方

ボニック,口コミ,痩せない

 

ボニックは誤った使い方をすると効果が弱まってしまいます。

 

操作自体は2つのボタン(超音波モードとEMSモード)を押すだけですが、より効果的な使い方があるので、ご紹介します!
ボニックの使い方を覚えて、効率よく痩せましょう!

 

1 体を温める

 

まずボニックを使用する前に、下準備として体を温めます。
使用前の体の状態によって、ダイエット効果に影響を及ぼします。

 

最も効率が良いのは入浴後です。体温が高い状態で使用すると、代謝がアップして効果を増大させることができます。

 

 

2 軽くマッサージする

 

次にボニックを使用したい部位に、マッサージしてほぐします。
リンパの流れを向上させ、老廃物を出しやすい状況にしておくのです。

 

ボニックのEMS機能は簡単に言うと筋トレですから、ケアが終わった後は老廃物や乳酸菌が溜まっています。

 

ボニックをやる前にあらかじめマッサージして血行を良くしておくと老廃物が溜まりにくいです。
水を多めに飲むのもおすすめです。

 

 

3 ジェルはケチらずたっぷりと

 

最後にたっぷりとジェルを塗ります。
専用のジェルは少しお高めなのでたっぷりと使うことに抵抗のある人も多いかもしれませんが、効果を最大限に引き出すためには大きな投資が必要です。
短期間で痩せるためにも思い切って多めに使用しましょう。

 

ボニックの代用ジェルを使う方法はこちら

 

 

ジェルの使用量が少ないと超音波が体の深い位置まで伝わらない他、痛みを伴う場合もあるので注意してください。

 

 

4 EMSばかりでなく、超音波モードもしっかりと

 

EMSばかりに焦点が当たりますが、超音波モードをじっくりと使用するとより高い効果が実感できます。
超音波を使用すると肌に細かな刺激や振動を与え、馴染みをよくしていきます。ハンドマッサージでは難しい細部までのケアが行えるのです。

 

 

5 EMSは弱いレベルからじっくりと30秒当てる

 

EMSではインナーマッスルを重点的に刺激します。筋肉を引き締めることで太りにくい体質にしたり、くびれを作ることができます。
ボニック 使い方のおすすめは、機器をなるべく動かさずに30秒間お肌に当てます。最初は一番弱いレベルで始め、慣れてきたら少しずつ強くしていきましょう。

 

超音波とは異なりEMSは慣れない内は若干の痛みを感じます。そのため、超音波だけで済ませている人もいるようですが、それは勿体無い使い方です。
体が慣れるまでは多少の痛みは我慢して使い続けてください。すぐに痛みが気にならなくなるはずです。

 

使用を終えたら入浴して汗や老廃物を一気に流してしまいましょう。
汗やジェルをそのままにしておくと肌に悪いので、面倒な手間かもしれませんが必ず洗い流してください。

 

管理人が詳しくレビュー!ボニックの体験談はこちら